上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
(2009/02/09)
福澤 諭吉

商品詳細を見る



「学問」の意味、目的、施行から人としての生き方を提示した「現代日本の設計図」とも言うべき良書。
現代訳はいくつか出ていたが安心と実績の斎藤先生の物にした。

学校では「人の上に人を作らず」という言葉しか教えてもらった覚えがないがまさかこんな内容だったとは。「学問の目的」を知らずに「学問」をする人が多い世の中でとても重要な本だと思う。小学生に読み聞かせてあげたい。
高校の時にこれを読んでいれば1年早く生き方を見つけられたのに。

それにしても明治時代にこの本を書けるのか・・・。
一万円に描かれるだけの事はある。
・愚かな人=智がない=学ばない → 学ぶことが大切
・生まれたときに人に差はない→学んだだけ差が開く
成すべき事を知る
法律が厳しい国は国民の徳が低い
・学問=実生活に役立つ全てのこと
・学問の目的=政府と同じ土俵に立つ
・鎖国=搾取のために国民を愚民化
・外国取引=外国に搾取されないように国民レベル向上
・政府も国民も苦労する国へ
・革命は中層から行われる→慶應義塾でもおこなおう
・政府=自分の代理人→悪人を取り締まり、自分を法で守る
・私怨は禁止
・天誅→国賊は政府に訴え排除すべき
政府=自分=国民
・× 法が悪い→裏技
・○ 法が悪い→直してください
・税金で国の保護を買う
・主人に命を投げ捨てる(仇討ち)→役に立ってない
重要度は文明への貢献で測られるべき
・測られるモノサシは「人間」
・一夫多妻はケダモノ
・衣食住で満足するな→生きた証を子孫に残す
・外国を相手とする→仲間と争わなくて良い
・「議会」を作る前に「演説」が必要
・知識があることと実行することは別
・国内の太平にうつつを抜かすと外国にやられる
・「ねたみ」が氾濫する世は「運任せ」になっている
・事の難易度、重要性を考えて行動する
・余計な親切心はより嫌われる
・疑わしいことにこそ真理が多い
・西洋でも完璧ではない→良いところと悪いところを理解する
古い物を捨ててしまう→カラッポ→発狂
・物を集めるときりがない→ココロを育てる
・「心」と「実行」のバランスを考える
・人望=活発な知性+正直な心
・栄誉や人望を求める(弁舌、見た目)
・交際を拡げる→多くの興味
「国民皆学」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tmnotwork.blog27.fc2.com/tb.php/372-50f5b1fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。